国際交流室 THE OFFICE OF INTERNATIONAL EXCHANGE


ホーム > 03_在校留学生へ


在校留学生へ

留学生が大阪大学で学ぶにあたり、生活や学業においていろいろな問題に直面するかもしれません。生活習慣の違い、言語の違い、その他の環境の違いなどによって留学生の本来の目的を遂行することが困難にならないよう、私たちは支援していきます。また充実した学生生活を過ごすことが出来るような国際交流イベントなどを企画しています。

留学生の相談ならびに支援

チューター制度

国際交流室では、人間科学部・人間科学研究科に在籍する留学生の支援をチューター制度(春、秋開始)を通じて行っています。慣れない国での生活は言葉や生活スタイルの違いからストレスを生じさせる原因となります。これらの障害を軽減または取り除くために、生活チューター、OUSSEPチューター、超短期留学プログラムチューター、論文チューターが最大1年間の期間で提供されるようになっています。また、チューターをしていただける日本人学生や留学生を探していますので、お気軽に国際交流室にお越しください。

奨学金・奨励金・授業料免除

大阪大学では、さまざまな奨学金や奨励金ならびに授業料免除の情報を提供しています。

奨学金については、国際交流室のホームページのWhat's Newでも一部案内を行っています。

事務手続き

国際交流室では、各種事務手続きが必要な留学生を対象にアドバイスやサポートを行っています。お気軽に国際交流室にお越しください。

教員オフィスアワー

人間科学部・人間科学研究科教員のオフィスアワーはこちらです。

※オフィスアワーとは、授業内容等に関する学生の質問・相談に応じるための時間として、教員があらかじめ示す時間帯のことです。その時間帯であれば、学生は基本的に予約なしで研究室を訪問することができます。

オリエンテーション

国際交流室では、春と秋の学期の初めに新入生を対象にオリエンテーションを行なっています。留学生同士だけではなく、日本人学生や教職員を含めたパーティーも催しています。

生活情報

日本での生活は慣れた本国と違い、多くの困難に遭遇することがあります。生活 (法的手続き、各種手続き、医療、日本語プログラム、住居、生活一般、ビザ、医療通訳などなど)に関わる情報はサポートオフィスのウェブサイトでも得ることができます。

国際交流室では、生活に関する様々な相談に対応しています。問題が起きてからではなく未然に防ぐためにも、早めに国際交流室に相談にお越しください。

※現在保有している在留資格に属さない収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動を行おうとする留学生(外国人)はその活動又は報酬を受ける活動を行おうとするとき、「資格外活動許可申請」を行う必要があります。資格外活動許可申請は教務係を通して行います。

就職ガイダンス、インターンシップ、就職

就職ガイダンス(講座、セミナー等)は大阪大学の3つのキャンパスで行われています。留学生向けの就職活動講座以外にも日本語で多くの情報を講座やセミナーなどの多くの情報(日本語)を得ることができます。

学生支援室では、就職・進路支援や、 インターンシップの実施、学生の生活上の諸問題の相談に応じ、問題解決の援助を行っています。

留学生の声(OIEニュースレターより一部抜粋)

Ms Halim Kim
Education, B4
(OIE ニュースレター No.14 より)

Ms Yujie Bian
Sociology, M2
(OIE ニュースレター No.13 より)

Mr Varun Khanna
G30 Human Sciences Program, B1
(OIE ニュースレター No.13 より)

Ms Ludgera Lewerich
Special Research Student (Heinrich-Heine University, Dusseldorf-Modern Japanese Studies M1)
(OIE ニュースレター No.12 より)

在校留学生へ

チューターガイド 大阪大学 Osaka University Potal 大阪大学人間科学研究科/人間科学部 OSAKA UNIVERSITY 30 大阪大学国際教育交流センター Support Office FUN! from JINKA


大阪大学 人間科学研究科/人間科学部 国際交流室

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-2 TEL/FAX:06-6879-4038


COPYRIGHT 2007-2014 THE OFFICE OF INTERNATIONAL EXCHANGE, GRADUATE / SCHOOL OF HUMAN SCIENCES, OSAKA UNIVERSITY. ALL RIGHTS RESERVED.